« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

会津を堪能!

Dscn14632 いよいよ待ち焦がれた嘉永蔵でのコンサートの日。event 朝一番のJRバスでしたが、高速渋滞に巻き込まれ1時間40分遅れ。bus 日差しが強く熱い暑い日です。sun ダンサー3人と司会のWさん。4人が着いた時、蔵の中はてんてこ舞いでした。dash 高崎組、宇都宮組が早く着いていたので電話で指示をして、受付周りのディスプレィに取り掛かってもらいました。今回は強力な助っ人Mちゃんのご両親がいらっしゃいます。

今回は左右の壁に画家の作品が並びます。100号から130号の作品で彼女の20年の軌跡を見ることができます。素晴らしい先品で感無量。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

昨日から搬入作業にかかっていました。作品に当てるライトを一つ一つ点検。客席も椅子が並べられて着々と準備が進みます。音響係りのOさんシタールとタブラセットを展示用に持ってきてくれました。新婚旅行にインドに行って買ってきたものだそうです。今のように誰でもたやすく行けたDscn12632 頃ではありません。30数年前のインド。強烈な思い出を語ってくれました。これがそのシタールとタブラセットです。持って帰るのが大変だったそうです。そうでしょうね~。楽しいご夫婦です。

Dscn12592 看板は会津の書道家Hさんにお願いしました。古い友人で、私にインドへの扉を開いてくれた素敵な人です。

リハーサルを予定より短く1時間で行いました。音響も照明も初めて機械に触れる友人。それぞれ工夫を凝らしてタイミングを図っています。インカムも連絡係もいない。場所も離れている照明と音響が本番では絶妙のタイミングでした。舞台監督のSさん大活躍です。

控室に充てられていた古い和室。なんと普段は見学者の立ち入り禁止の重厚な趣の部屋です。冷房装置がないので暑いjこと、暑いこと・・・・。突然、それこそバケツをひっくり返したような大雨が。rain でも30分くらいでやみました。ヤレヤレ、これで少しは涼しくなるかしら?

メイクだけでもホールでやっていたら開場時間の17時になってしまいました。受付のある隣の蔵からはざわざわ声が聞こえてきます。すでにたくさんの方が待っていらっしゃるそうで、あわてて荷物を控室に運びました。

Dscn12692_2 受付のある蔵からホールのある蔵へ行く渡り廊下です。正面が舞台。画家の書いた絵がかけられていて、踊っているといい気もちになります。

Dscn12752 開演前の状況です。たくさんの方がお見えです。このころ裏の和室では皆が準備に大わらわ。sweat01

Dscn12822 これが控室として使わせていただいた和室です。

Dscn12802 開演を待つ間も絵を楽しめます。

Dscn12862 いよいよ開演!

Dscn13162 オープニングのプシュパンジャリが終わって、皆で神様のポーズやアビナヤの説明をしました。初めてインド舞踊をご覧になる方が多かったので好評でした。

Dscn13402 第一部が終わって休憩時間でした。反応がすぐあるので踊っていて楽しかったです。お茶とキャンディーをご用意させていただき、お客さま方もリラックス。cafe

Dscn13472

Dscn14002 今回のために振付を変えた群舞クリシュナ・バジャン。ドラゥパティのシーンです。

Dscn14042 最後にジョーティ・プージャ(光の祭礼)感動の

瞬間です。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dscn14102 会場が一体なった楽しい時間でした。

Dscn14152 ダンサー紹介。

Dscn14252 懐かしい顔も・・・。4月に生まれた赤ちゃん。

元気な女の子です。パパそっくりでした~。

Dscn14522 お客様のお見送りを終えて記念撮影。中央が末広の先代の奥様です。左隣が画家。お疲れ様でした。お世話になった皆さまどうもありがとうございました。この時間、上の会場で撤去作業をしてくれていたスタッフの皆さま、ありがとうございます。愛情に満ち溢れた素敵な夜でした。まさに蔵に遊ぶ・・・・。外には私たちを祝福するように花火があがっていました。

リハーサルを終えて・・・

連日、新聞やテレビで猛暑、猛暑と騒いでおります。じっとしていても暑いのに、、sweat02今日は熱のこもったリハーサルでした。司会のWさん。ブティックのマダムで、シャンソンとヨガを勉強しています。気さくで華やかな素敵な方です。heart04

8年ほど前に文京区の生涯学習講座でインド舞踊のクラスに来てくれました。3か月の講座でしたが、Wさんとは御縁があってその後のコンサートにもよくいらしてくださっていました。3月には彼女の通っているヨガのサークルの年度会に招かれて踊ってきました。その時、いろいろお話している中で会津の話が出ました。嘉永蔵も御存じで、うっとりしていました。蔵のコンサートの計画を話したらお友達を誘って伺いますとのうれしい返事。

その時の会の司会がとても上手で、これは蔵の司会もお願いしようかなとひそかに思っていた次第です。内幸町ホールでのTさん、観音山のIさんと素敵な司会の女性に恵まれてラッキーです。note

一緒に蔵で遊ぶ4人のプシュパムちゃん、snailchickpenguinfish 舞台監督をやってくれるSさん。cat 受付をやってくださるMちゃんのママ。dog 照明や音響、舞台に関する仕事に初めて携わる友人達。horse 素敵な絵を展示して、今回の蔵公演を実現させてくれた画家のEさん。cancer 皆ありがとう。notes

昨日のリハーサルでそれぞれ気がついたこと、未知の会場で踊るあこがれや期待などを大切に、当日一番のコンディションで踊れるようにこの数日を過ごしてください。

さっき、結婚して大阪に住んでいるMちゃんからうれしいメールが。4月に生まれた赤ちゃん(女の子です)を連れて宇都宮にお里帰り。7日のコンサートに来てくれるそうです。嬉しいですね。happy01

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓