« 鷹の井戸 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます! »

恒例のワークショップ

Dscn12312 日曜の朝10時から観音山でのワークショップがおこなわれました。この数年恒例になっています。この講座がきっかけで仲間になった方も何人かいます。今回のテーマはシュローカ。前半はサリーの着付けと基本のステップいくつかの紹介。休憩時にチャイのサービスと仲間のパフォーマンスを披露してくつろいでいただく。後半はシヴァ神をたたえるシュローカ(詩)を皆で練習。

9時半に会場に到着。すでにメンバーの手で会場の飾りつけとチャイの用意が完了。いつもながら仕事がてきぱきしています。受付も整っていて、すでにサリーを手にして開始を待っていらっしゃる参加者もちらほら。10時ちょうどに始めることができました。

まず、サリーの着付け。一人の方にモデルになっていただいて皆で同時開始。汗だくになりながらも皆さん無事着付け終了。それぞれお似合いです。着付けをしている間に気持もほぐれてきて皆さん楽しそう。簡単な身体ほぐしを行ってから基本ステップに挑戦。インド舞踊は緩やかな動きというイメージを持っている方が多く、いくつかステップを練習するとその複雑さと激しさに驚かれます。

ひと汗かいたところでお楽しみの休憩。冷たいチャイでのどを潤し、デモンストレーションを楽しんでいただきます。最初のプログラムはプシュパンジャリ。5月のコンサートの後に入会したTさん、今日が初めてのお披露目。落ち着いているので頼もしいです。まだグングル・プージャをしていない4人。早くその日を迎えたいですね。「昨日の夕方、水辺で…」というクラシックなパダム。そしてヴィシュヌ・カウットワム。この曲はステップやフォーメーションなどきっと楽しめたと思います。

後半40分。シュローカの歌詞と踊りの振りを説明。皆で何度も練習して曲に合わせて踊ってみました。皆さん短い時間ですが、ずいぶん振りがなめらかになりました。あっという間の2時間。今日は時間の配分などうまくできて、適度な緊張とほぐれがバランスよく集中力を落とさず進められました。参加して下さった皆さまありがとございます。働き者のメンバーもご苦労様。

Dscn12322 今日は午後、子供インド舞踊教室があるので会場の移動が大変でした。こういう日はカレーでも食べないと身体が持たないので、マハトマのお弁当を予約。荷物を片づける人、お弁当を取りに行く人に分かれて、公民館で合流。カレーのにおいをぷんぷんさせて皆でお昼をいただきました。

お昼寝をしたいところだけれど、頑張ってまた練習。今日はお休みが多くて6年生だけでした。シヴァ神のグループダンスを教えるのにいいチャンスなのでさっそく特訓。フォーメーションが変化していくことを理解できたので光が見えてきました

夏休みになってしまうけれど、ぜひ自習練習に参加して秋に臨んでほしいです。

子供たちが帰った後はいつもの練習。プログラムもソロソロ決めてしっかり練習に取り掛からなくてはいけないし、チラシなども作成しなくては。今年も熱い夏になりそうです。朝早くから参加してくれたメンバー。長い一日お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

« 鷹の井戸 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます! »

コメント

朝から1日お疲れ様でしたー!
すごい充実っぷりですね!皆で食べたマハトマのお弁当…羨ましい!

イベントのお手伝いなかなか出来なくてすみません。(T_T)

先生昨日は一日ありがとうございました!!
長い一日でさすがに後半は疲れが。。。
一日中踊ってたのに今になったらまた踊りたいから不思議です~
今日はYちゃんも会社でぐったりしてましたっ

先生長い1日お疲れ様でした
本当に疲れましたが、コンサートまではしっかり練習して頑張りたいです
ワークショップでまた興味を持ってくれた方もいたので、入会してくれると嬉しいですね
今日も自主練習頑張ってきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例のワークショップ:

« 鷹の井戸 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓