« 子供インド舞踊教室二日目 | トップページ | 今日も元気に子供インド舞踊 »

嘉永蔵の下見

Dscn11372 会津でのコンサートも2ヶ月後に迫りました。プログラムを練るためにも、もう一度嘉永蔵の下見に行きたいなと思っていたら、画家も打ち合わせのために会津へ帰る(会津は画家の故郷です)とのこと、ちょうどいいので便乗しました。今まで会津へ行くときはいつも新幹線で郡山へそこからのどかな磐越西線に乗り替えて行っていました。最近会津の友人達の間ではバス がポピュラーになっているそうです。何しろ安い。多少時間はかかるけれど、乗ってしまえば食べて飲んで寝てればいいので楽かも。

新宿駅南口から出発。なんと王子駅近くでも乗降可。次回はここからだと楽ですね。時間を有効的に使おうとバスの中で打ち合わせ。熱がこもってしまい声が大きいと注意されました。シュン。しょうがないのでお昼 を食べてひと眠り。タクシー券(500円)も出るので大サービスですね。 会津タクシーしか使えません。念のため。

Dscn11382

駅から嘉永蔵に直行。何しろ担当の方が忙しくて30分しか打ち合わせの時間がないそうです。中の機材の説明をしてくださり、後は自由に見て回っていいとのこと。お言葉に甘えて丹念に調べ回りました。照明も全部つけて試して遊びまくりました1000ワットのスポットが二つあるので助かります。両側の壁面には画家の作品(100号から130号が展示されます)舞台には、薄い布に描いた作品を天井から垂らす予定。う~ん。楽しみですね。

受付から小さなドアを抜けると狭い渡り廊下になっていて、ドアを開けるとこのホールに入ります。受付をサリーで飾ってインド風に。トンネルを抜けたらまた別の世界に辿り着く。そんなイメージにしたいですね。

Dscn11722 ここが酒造の入口です。左手に喫茶室と売店があって買い物やお茶を楽しめます。中は吹きぬけの広い空間で実際にここでお酒を造っています。この日も酒蔵見学の観光客が数名楽しんでいました。

Dscn11842 建物を横から見たところ。大きいのでびっくりします。当日、お客様がたくさんみえるといいのだけれど・・・。

« 子供インド舞踊教室二日目 | トップページ | 今日も元気に子供インド舞踊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘉永蔵の下見:

« 子供インド舞踊教室二日目 | トップページ | 今日も元気に子供インド舞踊 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓