« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

子供インド舞踊教室二日目

昨日は高崎の子供インド舞踊教室でした。初回滑ったし、weep rainも降っているので心配しましが皆やってきました。happy01今日は会場も早く空いていたので、Mちゃんが持て来てくれたインドの布や書籍類、私が持参したコンサートの写真などを展示して少しインドのムードを演出。子供たちにSさんが作ってきたネームプレートをつけビンディーをおでこに張って「これであなたもインド人}と言ったら大喜びでした。

前回に練習したステップを皆覚えているので感激。頭も体も柔らかいのね・・・。身近に小さな子供がいないので子供の能力を見限っていました。sweat01反省。というわけで今日は身体ほぐしもタッタアダウもやって練習に入りました。

10月の観音山コンサートまでに短い曲を2曲覚えてくれたらうれしいな。今心配しているのは衣装のこと。boutique 高学年の子は私くらいの背丈の子もいるので、あちこちつめれば私の衣裳が着られそう。でもチビちゃんたちは?サリー型の衣裳をぐるぐる巻きにする?団子状態。

Kさんが徹夜して作ってきてくれたお月謝袋。ハートのクリップ付きで可愛らしい。heart02

初夏の風に誘われて・・・

鎌倉の画廊でクラスメートが奥さんと二人で展覧会を開催しています。それに便乗してクラス会をやることにして集まってきました。場所は鎌倉雪ノ下の一軒屋。house 家を丸ごと画廊にしています。センスのいいマダムで作家ごとに家具を変えて展示しています。画廊のマダムって、やはり素敵な方が多いですね。審美眼がないとできないお仕事ですものね。search

Dscn11042 この素敵な建物は横浜、関内にある開港記念館(通称・ジャック)です。浜の三代塔の一つ。キングとクイーンがあります。私はこの建物が一番好きです。チェンナイのミュージアムを思い出すから。event今夜はここで元生徒のEさんのリサイタルがありました。とてもかわいらしい方で10年前に初めてお教室に来た時のことをよく覚えています。5年間一緒に踊って、その後インドに留学。今大学3年に在籍。インド舞踊に魅せられた一人です。

今一緒に踊っているプシュパム達はもちろん、プシュパム卒業生たちも何らかの形で踊っているという報告を受けるとうれしいですね。「木を植える男」ではないけれど、踊る喜びの種をまいて芽が出てきたのを感じます。budあちらこちらで息吹き始めているような。技術的なことはいくらでも練習次第でついてきます。この踊りが好き、踊れて幸せと感じる心が何よりも大切な気がします。今夜の踊りも彼女の踊る喜びにあふれていました。heart04

コンサートが終わってほっと一息、充電中の方も多いけれど、もう稼働しているメンバーも多いですよ。高崎は先週、今週とイベントが会って何人かメンバーで踊ってきました。明日は宇都宮も市主催のイベントにエントリーしています。屋外なのでお天気が持ってくれることをひたすら祈っています。新しい目標を定めて地道に曲を練習しましょう。run

今日は静寂の世界・・・

昨日の華やかなショーと打って変わったお能の夜。今夜は国立能楽堂の定例公演に出かけました。演目は世阿弥晩年の作で井筒。自身の芸談書「申楽談議」で能の最高位であるとして高く評価しています。cherryblossom 初めて見るのでワクワクしました。音もなく登場する能役者の気配を感じるのが好きなので、橋掛りに近い脇正面の席を予約。月初めに翌月の予約をするのですがうっかりしていて最後尾の席しか空いていなかったのが残念。

伊勢物語の主人公、和歌の名手でハンサムな在原業平とその妻で紀有常の娘の物語。ひたすら待つ女の話です。最初にワキの旅の僧が登場。奈良の在原寺で女に会います。女はここで暮らしていた夫婦の事を語り始めます。夫に愛人ができて、毎晩、夜道を通う夫の身を気遣う妻。幼馴染の二人が井筒(井戸)のそこの水鏡にお互いの姿を映して心を通わせ合った思い出などを・・・。女は自分がその妻であるとほのめかして姿を消します。この間、40分近くシテは座ったまま。ワキの僧は最初の語りが終わったら舞台の上で最後まで座ったままです。すごい緊張感。sweat02

夜がふけると女は業平の形見の冠と直衣(のうし)を身につけて現れ、昔を懐かしみながら舞います。そして井筒の水鏡にわが身を映して業平を偲び、夜明けとともに去っていきます。:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

前半はこれでもかというくらいひたすら座って待っています。普通、一度去って装束を身につけて登場しますが、今夜は小書(こがき・特殊演出)で、物着(舞台の上で着替える)がついたので後見三人による着替えのシーンを見ることができました。脇正面の席なのでよく見えてラッキーでした。女が冠と直衣を身につけていくことで業平と一体化する心情がうかがえます。男の役者が女を演じ、その女が夫の形見を着ることでその夫になり変っていく様。恋する二人が同化するさまを見ることができます。激しい舞いを舞った後、井筒の底を覗き「懐かしや」と水底に二人の顔を見つける場面の美しいこと。lovely 井筒の水鏡は過去と現在を交錯させ、現世と冥界の境でもあるのでしょう。☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

インド舞踊でも水面に恋人の顔を見つけたり、月fullmoonに恋人の面影を見いだしたりするシーンがあります。シンプルな舞台設定で複雑な心情を表現できるのは能もインド舞踊も同じ。素敵ですね。heart04

宝塚にうっとり!

Img2_2 姉が知人から宝塚のチケットを手に入れたので誘われて行ってきました。event日比谷の宝塚劇場、リニューアルされてから初めて行くので本当に久しぶりです。今月は花組公演。演目は「虞美人」。姉の知人は宝塚ファンなのでどうやら毎月、それも何回も見に行くそうです!チケットだって高いのに大変。でもおかげで私まで楽しませていただきました。happy01

秦の始皇帝が亡くなり戦乱の世になった中国。楚の武将、項羽と漢の武将、劉邦の覇権をかけた争い。花を添えるのは絶世の美女、項羽に寄り添う虞美人。戦のどんでん返しの中、策を弄さず、真っ向勝負をかける項羽はついに追い詰められ、足手まといになると悟った虞は自ら命を絶ちます。weep 彼女の墓のある山には誰も見たことのないような真っ赤な花が咲くようになったという。これが虞美人草(ひなげし)のいわれだそうで、古文の時間に習ったような記憶が・・・・・。

京劇の演目で一番人気がこの二人の悲恋を扱った覇王別姫。見る者の涙を誘う話です。京劇で見る項羽は英雄なので黒々とした髭をつけていて、真飛聖演じる今夜のハンサムな項羽と印象が違います。

大スペクタクル劇。ダンスシーン迫力あります。舞台転換が早く、大がかりな装置と贅を尽くしたうらやましいばかりの照明効果。観客には考える時間も与えず、瞬きもさせない。catface 出演しているのが女性だけなので、汗をかいているのに汗臭さを感じさせない。sweat01 綺麗なものだけを見せてくれます。fujiチケットをくださった方曰く「、史劇なので地味ですが」とのこと。とんでもありません。最後の名物、大階段でのレヴュー。短い時間に何度も衣装を替え、100人近く出演していたでしょうか。一カ月公演。マチネも入れて44回公演です。しかも、宝塚大劇場での公演を終えて東京。みんなすごい体力です。平日なのに満席。思わず、唸ってしまいます。dog

トップのスターは最後にすごい羽根飾りをつけていました。これも名物だそうです。まるで孔雀が出てきたかと思いました。デコレーションケーキのような舞台です。きっとファンの方たちは明日から元気にお仕事行こうと思うでしょう。私は満腹になったので2年くらい見なくても平気です。楽しかったでーす。heart04

久しぶりの月夜野町

2か月ぶりに上毛高原の教室にきました。コンサートがあったので先月はお休みさせてもらいました。皆さんで見に来てくれたし、大きなかご花をお祝いにいただきました。ありがとうございます。happy01天気が良くてsun周りの山々がきれいに見えました。谷川岳はこの季節には珍しいくらいたくさん雪が残っています。昨日は雪風が吹いて寒かったそうです。snow 来るたびに月夜野町って綺麗な名前だなと思います。moon3

このクラスは亀のようにゆっくり歩を進めていくクラスです。chick 1年に1曲を目標にしていて、今年の課題はV・カウットワム。なんと最高齢の方は80歳です。今日は3時間、みっちりやりました。sweat01 途中で休憩と頭をクリアにするためにノートをつける時間をとりました。book 一緒にやろうという気力は大したものです。ノートもちゃんとつけていらっしゃるし。疲れたら休んでくださいと言っても休まないし。お元気で通ってほしいものです。up

先週、高崎で初日を迎えた子供インド舞踊教室。penguin 会場のごたごたpunch が災いして、スムーズに運営できなかったのが悔やまれます。weep 来週はきちんと受け入れを整えて、気持よく子供たちと踊りたいものです。高崎のメンバーのみなさん、よろしくね。heart04

今日の県民フェスタはどうだったかしら?すごい人出だったのでは?

コンサートを終えて・・・

Dscn10672 ホールの装飾。布の魔術師Kさんが横に~

4月のお天気が悪かったのを取り返すかのように、連休はいいお天気でした。sun 朝、荷物と一緒に去年お世話になった赤帽さんとホールに来る道もすいていて気持ちよかったです。car 午前中のリハーサル。今日のホール担当は初めての方で、最初ぎくしゃくしていました。どちらも突っ張ってしまうので、ここは年の効。私が折れなきゃね。angry 舞台監督のYさんも照明のきっかけや効果のことで、とても気をもんでいました。受付のスタッフは仕事がテキパキしているので、スムーズに事が運んでいます。up リハーサルが終わって受付エントランスに出てみたらすっかり整っていました。さすがですね!

Dscn10712 今日の楽屋弁当。 

12時。お弁当riceballを食べてメイクにかからなければ。 rouge隣の楽屋では受付嬢達がサリーに着替えていました。今日、受付デヴューの高崎のSさんも皆に教わりながらレッスンサリーでない、普通のサリーに挑戦していました。皆可愛い。lovely

Img_46402 プシュパンジャリ

マハ・ガナパティが終わっていよいよ踊りの1曲目。出を待つときのドキドキはどんなに慣れてもありますね。大人になってこんなにドキドキすることは、よっぽど素敵な人に合わない限りないんだから楽しみましょう。ドキドキ・・・heart04 ナレーションのTさんの暖かい声が皆の背を押してくれます。

Img_46552 アラリプー

朝露を受けた花が開いていくように・・・・。素敵なイメージを大切に踊ってください。

Img_46832 イーササンディ・カウットワム

遅れて立ち見をしたいたお客様がシュローカの部分で身体にエネルギーがぐるぐる回るのを感じられたとアンケートに・・・・。ナマシヴァヤ、シヴァ神のエネルギーですね。impact

Img_47432 ナームカナーヤキ

女神の曲は踊っていてうっとりします。

Img_47462 マトゥラナガリロ

可愛い人妻。意外性が受けました。楽しんだ方が多いです。happy01

Img_47572 ナッタナマディナ

3人が頑張りました。up

Img_47745 ブリンダーヴァン

幡井先生のために踊りました、。今は身軽になった先生が天界から遊びに来てくれたような気がします。

Img_47862 ティラーナ

ウキウキする曲です。

Img_48062 ダシャアヴァターラ、ご存知ナラシンハ。

ヴィシュヌっていう奴はここにもいるって言うのか!

Img_48102 ヴァーマナ 倭人のアヴァターラ

3歩目はどうか私の頭の上に・・・・・

Img_48182 カルキ

世紀末、堕落した人類を救うために現れたカルキ・・・。このあと、鐘が鳴り、花が降り注ぎました。一番心配していた曲だけれど、たくさんの人が楽しんでくださいました。スペクタクルのようだとの評もあり。フフフ・・・・。舞台監督のYさん、お疲れ様でした。

Img_48232 フィナーレ

あんなにドキドキしたのに終わってしまうとまたやりたくなる。舞台って怖い!

Photo ロービーでの恒例の集合写真

皆のいい笑顔。悩んだことも、うじうじしたことも、踊った後には消えてしまう。もっと練習して踊りたくなるから素敵。一緒に踊れる仲間がいて幸せです。踊りの輪が広がるようにしたいですね。

コンサートから1日たって、皆疲れはとれたかな?今日は片づけものが多くて大変でした夕方2時間くらい踊ったけれど、集中力が鈍っていました。

今回のコンサートは自分自身の復帰の意味もあったので途中しんどいことも多かったです。皆がアップアップしているのも感じていました。ゴリ押しをして進めてきたところもあるけれど、頑張ってきてくれたのでうれしいです。

ちょっとほっとしたので、まだコンサートで踊ったことがない素敵な曲をじっくり踊り込んでみたいですね。

日曜日から始まる子供インド舞踊教室のカリキュラムも真剣に考えないと。楽しいことが待っていそう!happy01

コンサートもまじか・・・

Dscn10322 いつか現れるカルキ・・・

29日、1日、2日とレッスンを終え、いよいよコンサートもまじか。お天気もいいようです。sun 3日はしっかり準備と身体を整えてくださいね。風邪気味の人おなかをこわしている人調不良の人元気な人も皆、足や首をよくほぐし、よく寝て、ベストな状態でコンサートに臨みましょうね。せっかくあんな素敵なホールで踊るのですから・・・。

プシュパム、という意味です。それぞれの花、金子みすず的に歌うと、華やかな花、魅惑的な花、情熱的な花、可憐な花、清楚な花、元気な花、それぞれ違ってみんないい。ですね。

花が美しいのはそれぞれの花が一生懸命咲くから。happy01 ほかの花と比べようとか、賛美されたいとか思わずに、自分の花を一生懸命咲かせるから。だからあんなに美しいのですね。どんな場所でも咲く努力を惜しまない。こんな風にインド舞踊と向き合えたら素晴らしいですね。

去年病気が見つかって手術をしなくてはいけなくなった時に、一番に思ったことは踊りたいということでした。手術後、今までと同じように身体は動くのだろうか?身体よりも気持がなえてしまわないだろうか?heart03 不安はたくさんありましたが、ちょうどこのコンサートを企画していたので、再生を願う気持ちで取り組んできました。一緒に踊ってと呼びかけたら11名が参加してくれることになりました。プログラムの内容が中々決まらず、年度末も重なって練習参加が難しい人も多い中、何とか開演までこぎつけることができました。

本当にありがとう。今 ひとたびの 踊る喜び この一言に尽きます。:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

4日は皆で最高の笑顔で踊りましょう!lovely

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓