« ずいぶんさぼっていました。 | トップページ | ブログが綺麗になってうれしい! »

長岡公演

0592 10月30日、日舞、インド舞踊、ソプラノとバリトンの4人に伴奏のピアノと司会を加えた6人で長岡の安善寺にやってきました。檀家さんの女性達で運営している、かか笑(かかしょう)という会のご招待で異文化コンサートを開くためです。実は日舞の田中ケイ子さんはこのお寺の檀家さんなのです。お盆にお参りに来た時に今回のコンサートの話が持ち上がって、あれよあれよという間に話が決まったのです。観音山コンサートもあっという間に決まりました。いいチャンスが会ったときはすぐに乗るべきですね。

0602_2 練馬インターから3時間ちょっとで長岡着。駅前の老舗の蕎麦屋でへぎそば(平たいお盆にのっているおそば)を食べました。お寺に入って音のチェックと場当たり。細かい打ち合わせを終えて着替えるまで少しぶらぶらしました。静かな街です。

0512 天井からは豪華な飾り物が下がり、スピーカーがみえます。カセットしか使えないと聞いていたし、小さなラジカセかも知れないと脅されていたので、立派な音響の設備が整っていてホッとしました。やえやれ。100人近いお客様がみえた会場はい熱気にあふれていました。圧倒的に女性です。ちょっとご年配の・・・。日舞の高砂で開幕。えりこさんの美しいソプラノ、インド舞踊はシヴァ神のボーシャンボー。佐渡おけさと越後獅子で第一部終了。

0642 着替えて第二部。旭さんのバリトンでスタート。旭さんは洒脱なおしゃべりが得意で会場が湧いています。o(*^▽^*)o ビゼーの闘牛士の歌、迫力です。この後で踊るには女性的な曲で迫るしかないとシュリンガーララーリを選びました。女神を讃えるラッスィヤダンス。抒情的で美しいポーズが流れるように踊られる美しい曲です。最後に海三題というテーマでソプラノ、バリトン、インド舞踊がそれぞれ日舞とコラボレーション。砂山をソプラノと。城ケ島の雨をバリトンと。私は春の海を田中さんとピアノの伴奏で踊りました。これは以前に蕨市民会館で行った田中さんの踊りの会で初めて披露したものです。 その時はピアノとフルートが伴奏に入りました。終演のご挨拶の後、会場の全員で歌を歌ってお別れしました。皆さん楽しかったとニコニコしてお帰りになりました。ありがとうございます。\(^o^)/

0682 スタッフ、出演者と記念撮影。この後お疲れ会です。 皆さんの手作りのごちそうと新潟のおいしいお酒で夜遅くまで盛り上がりました。越しの三梅と言われている銘酒の雪中梅越しの白梅をごちそうになりました。おいしくて口当たりがいいので、普段あまり飲まない私でもくいくいいけます。それにしても、かか笑のメンバーの皆さん、エネルギッシュです。夜遅くまでお付き合いありがとうございました。駅前のホテルに着いたのは12時過ぎ。皆コンサートの余韻と楽しいお酒の会のおかげでテンションあがりっぱなし。メイクを落としてお風呂に入らなきゃ・・・。忙しい忙しい。

« ずいぶんさぼっていました。 | トップページ | ブログが綺麗になってうれしい! »

コメント

「ソプラノ、バリトン、インド舞踊がそれぞれ日舞とコラボレーション」って、素敵ですね~。
今度機会があれば観に行きたいです!(*゚▽゚)ノ

長岡公演、お疲れ様でした。

異文化コンサート、素敵ですね!

春の海を、先生のインド舞踊とのコラボレーション!

どんな振り付けをされたのでしょうか!!!(≧∇≦)
気になります。

あと、「城ヶ島の雨」という曲、、
中学生の体育祭の時に踊った事をふと思い出しました。

当時は全く、理解不能な女生徒でしたが、

今、改めて詩を読むと
なんて情緒のある素敵な詩なんでしょう (*´ェ`*)
とおい記憶が蘇ってしまいました。

4枚目のお堂の前で弾ける先生の写真、
すごくかわいいですね☆

実は、先生の写真のポーズ、とってもかわいいので
すごく参考にしています(照)


今回のブログで、「へぎそば」「越しの三梅」と
おいしそうなキーワードに
私も長岡に行きたくなりましたっ!

って、すみません・・・(汗)、

蕎麦と酒の文字が目についてしまって・・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長岡公演:

« ずいぶんさぼっていました。 | トップページ | ブログが綺麗になってうれしい! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓