« 京鹿子娘二人道成寺見ました。 | トップページ | 蒸し暑い日が続きますね。 »

またまた、玉三郎にうっとり!

Img2 仕事の帰りに東劇で上映中の牡丹亭を見てきました。 日曜日の最終回なので予想どうりすいていました。去年話題になった公演、牡丹亭を今年の三月に中国蘇州で再演。そこに至るまでの16日をドキュメントしたフィルムが第一部。そしてその時の公演が第二部で上映されました。

練習風景、南京大学での講演、昆劇の女優さんに日本でやった楊貴妃の動きを教えるシーンなど興味深かった。何よりも言葉や習慣、文化の違いなどに戸惑いながら役の心をつかもおうと苦心する姿が印象的でした。彼も云っています。「言葉の問題ではなくて、役の問題。そこでしか越えられない・・・・」と。

インド舞踊を踊る私たちも、歌の主題を掘り下げて、もっと苦心しないと。神様のこと、信者の気持ち、祈りの心、祈りの動作。心と目を澄ませて見れば、きっといろいろなヒントが降ってきますよ。天からの花のように。

第二部、もちろん美しかったです。玉三郎は深窓の令嬢。恋患いで、はかなく世を去る美女でした。でも恋人の愛の力で生き返るというハッピーエンドです。カーテンコールで玉三郎の後で踊る花の精がきれいでした。手に花を持って。これをランプに持ち変えたら?なんてね・・・

ライトアップされた歌舞伎座を眺めながら、気分は玉三郎。 有楽町までの道もあっという間でした。

« 京鹿子娘二人道成寺見ました。 | トップページ | 蒸し暑い日が続きますね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた、玉三郎にうっとり!:

« 京鹿子娘二人道成寺見ました。 | トップページ | 蒸し暑い日が続きますね。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓