« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

またまた、玉三郎にうっとり!

Img2 仕事の帰りに東劇で上映中の牡丹亭を見てきました。movie 日曜日の最終回なので予想どうりすいていました。去年話題になった公演、牡丹亭を今年の三月に中国蘇州で再演。そこに至るまでの16日をドキュメントしたフィルムが第一部。そしてその時の公演が第二部で上映されました。heart02

練習風景、南京大学での講演、昆劇の女優さんに日本でやった楊貴妃の動きを教えるシーンなど興味深かった。何よりも言葉や習慣、文化の違いなどに戸惑いながら役の心をつかもおうと苦心する姿が印象的でした。彼も云っています。「言葉の問題ではなくて、役の問題。そこでしか越えられない・・・・」と。

インド舞踊を踊る私たちも、歌の主題を掘り下げて、もっと苦心しないと。神様のこと、信者の気持ち、祈りの心、祈りの動作。心と目を澄ませて見れば、きっといろいろなヒントが降ってきますよ。天からの花のように。present

第二部、もちろん美しかったです。玉三郎は深窓の令嬢。恋患いで、はかなく世を去る美女でした。でも恋人の愛の力で生き返るというハッピーエンドです。カーテンコールで玉三郎の後で踊る花の精がきれいでした。手に花を持って。これをランプに持ち変えたら?なんてね・・・

ライトアップされた歌舞伎座を眺めながら、気分は玉三郎。happy01 有楽町までの道もあっという間でした。

京鹿子娘二人道成寺見ました。

Img 1週間。それも10時12時の2回しか上映されないので最終日の今日あわててMOVIXへ行ってきました。開演ぎりぎりでしたがほぼ真ん中のいい席が空いていてじっくり堪能いたしました。美しかったです。cherryblossomcherryblossom

花道のすっぽんから玉三郎が登場した時に回りの観客からどよめきが生じました。(本物の歌舞伎座の客です)その人達の表情がリアルでした。口をあけて見とれてましたね。映像の良さは細かいところまで見えることと編集の力で見せ場を見損ねないところですね。二人の視線が絡むところもいいですね。うっとり!heart04

道成寺の鐘に執着する白拍子の花子が寺を訪れ、お参りさせてほしいと頼みます。美しい白拍子の登場に喜んだ坊主たち(23人いました。)が烏帽子があるからそれを被って舞ってくれるよう頼むところから始まりました。

日本舞踊の会で見る時は烏帽子をかぶって登場しているので、フムフムこういうことだったのねと納得しました。

二人同時の引き抜き素敵でした。最後に菊之助が引き抜きした時は横に出てきて蛇の脱皮を見るような演出でよかった。heart

これから伸びていく若い菊乃助と、少し老いを感じさせながらも卓越した技量と妖艶さで見せる玉三郎との拮抗するせめぎあい、ねっとりしていてよかったです。終演後観客たちもノックアウトされていました。bomb

おかげ様で元気が出ましたね。インドで素敵なダンス(特にマラビカさんの公演など)を見た時も興奮に包まれて幸せな気分になります。美しいものはいいですね。私たちも見てくださる人達に幸せな気分をプレゼントできるように努力しましょう。note

友達の会で踊ってきました。

今日は友人の日本舞踊の会で踊ってきました。たくさんの人がいらしてくださり大盛況でした。でも、私の心は曇っています。cloud

照明との段取りが悪くて本番でうろたえてしまったのです!crying トホホ・・・この会場の照明機材がそろっていないので6台のスポットを舞台屋さんに頼んだのです。私の希望はラストポーズで暗転にしてもらってそのまま消えるというものでした。でも一度に暗転ができないので舞台に設置された蛍光灯をつけないで、頭上のスポットと6台のスポットで2段階構成ならできるといわれてお願いしたのです。impact

1曲目を踊り始めても頭上のスポットがつかない。あれ?と思っているのに曲はどんどん進むし、暗くないのかなと思いながら踊っていました。何しろ舞台の上に明かりは全くない。客席の奥からの6台のスポットがギラギラ目を直撃するし、足元は真っ暗だし・・・sweat01

2曲目との間にシヴァ神の説明をポーズでするためにそのまま舞台に残らなければいけないのですが、きれいな照明が当たっているのか確認したかったのに司会がどんどん進行していくので仕方なく舞台に出てポーズをして2曲目を踊りました。

照明屋さんがついているのだから、暗いはずはないのだけれど、疑って踊っていたので怖い顔をしていたと思います。angry 以前チェンナイのコンサートホールでソナル・マンシンという有名なオリッシーダンサーが踊っている最中にライトと怒鳴ったのを聞いたことがあります。thunder私と友達は前列下手側の席でそれを聞いて震えあがりました。bomb今日踊っていてそれを思い出しました。bearing

踊り終わった後で見てくださった方に私が浮き上がって見えて素敵でしたと言われましたが踊りに集中できなかったので悔しい。あんなに練習したのに情けない思いです。down

舞台は一瞬、一瞬が勝負。その一瞬を輝かせるために練習や打ち合わせといった地道な努力が大切なんですね。改めて思いました。scissors

8月の舞台は悔いを残さないぞ!up

カオリちゃんシネマ歌舞伎堪能したそうですね。私もお口直しに行ってこようっと!cake

ラーマーヤナ

0092 蕨教室のMさん。ヨーガの先生でインドとのかかわりの深い方ですがDVDマニアでもあります。movie 先日貸してくださったのがインドの国営放送で毎週日曜日に放映されていたTVドラマのラーマーヤナです。放映時間になると表を歩く人がいなくなるといわれました。shineちなみにマハバーラタやヌープールも同じ時間帯に放映されたものです。

12本組の超大作。先日やっと4人の王子の産まれるシーンにたどりつきました。penguin目下王子達はグルの庵で勉強中。

ラーヴァナがブラフマンに苦行する姿を見せて望みをかなえてもらうシーンもやりました。マントラを唱えながら刀で自分の首を切って炎にかざす。すると苦行に満足したブラフマンがすぐに首をつけてあげる。この怖いシーンが何度も繰り返されました。bearing そうして人間以外の誰も殺すことができないという恩恵を受け取るわけです。すなわちラーマ王子はラーヴァナを殺すためにヴィシュヌ神の資質をすべて備えて人間として生まれるわけですね。

夕べ見たのはシータの誕生です。bud 子供のいないジャナカ王が神のお告げで牛にひかせた鋤で大地を耕していると硬いものにぶつかり、それを掘り出すと大きな宝箱が出てきて中から可愛い赤ん坊がいたというシーンです。シータというのは鋤の先から生まれたという意味です。heart03

さてこれからこの登場人物たちがどんな活躍をするのでしょう。話は知っていてもリアルな映像で見ると、なるほどインド人の神様観が少しわかって面白いですね。でも。私のこののんびりペースではなかなかランカまで行き着きそうもないですね。また報告します。

6月13日の練習

8月のリサイタルに出演するプシュパムのメンバー、cherry 顔合わせを土曜日に行います。リハーサルまで一か月を切ってしまいました。リリアの公演が終わって、のんびり、だらーっとしていた心身をもう一度シャンとさせてください。run 覚えること、やることがたくさんあって楽しいと思いましょう!lovely1時集合。1時半には練習開始したいです。

高崎観音山のパンフができました。

Img2恒例の 観音山ファミリーパーク主催、女性のための特別講座。例年は秋でしたが今年は7月。いつもセンスの良いパンフレットを作っていただけるのでこれも楽しみです。インド舞踊は7月12日の13:00からです。

安い受講料でいろいろなジャンルの講座を受けられます。女性が女性のために企画しているのがいいですね。他の市でもおしゃれな企画があったら嬉しいのに・・・。

今日の高崎のクラスでは当日のシュミレーションをしました。毎年サリーを貸してあげて受講者に着てもらいます。簡単な身体ほぐしと基本ステップをいくつか。皆のデモンストレーションを披露して、いよいよ今回のテーマの曲に入ります。今回はガーナマレィ。

Img_00012 ちょうど梅雨の終わりごろ。気候的にはピッタリです。高崎の新人Uさん。まだ習っていないステップが入っているので、そのパートになったら鹿に変身することにしました。乗りがいいから大丈夫!当日の受講者の方達も何かに変身してもらって、皆でおおいに楽しみたいです。

2年前の宇都宮のワークショップを思い出します。子供達も参加して楽しかったですね。あの時もガーナマレィやりましたね。大阪に嫁に行ったMちゃん。元気かな!

8月リサイタルのお知らせ

Img2 8月は久し振りのリサイタルです。present 初めて踊るホールですが、きれいで踊りやすそう。note機能的で客席も見やすくできています。今回は女神の曲を中心に構成してみました。今回のテーマである「女神を迎えるこの佳き日」という曲を踊って華やかに第二部のオープニングを祝いたいと考えています。note

何人かお手伝いを頼むことになりましたが、リハーサルの日が決まったのでお知らせします。7月の第二土曜日、午前中に新橋内幸町ホールで行います。6月13日に顔合わせ。20日と7月4日も練習を行ってリハーサルを迎えたいと考えていますのでプライオリティにスケジュールを入れておくようにお願いします。

リリアとはまた違った緊張感のある空間です。練習と経験がサポートしてくれるでしょう。素敵な経験になることは目に見えています。がんばれ!up

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓