« 仙人の庵を訪ねて・・・ | トップページ | 一か月振りのクラス! »

八十代のやんちゃ坊主!

0072_2 今日、私が訪れたのは千駄ヶ谷の国立能楽堂です。先月末、インターネットでチケットを入手しました。残席わずかなのになんと脇正面の前から2列目をゲット。能は詳しくないのですが、今日の演目、草薙は宝生流のみ伝えられているとのこと、滅多に見られない珍しいものだそうです。ワクワクしながら千駄ヶ谷の駅を降りました。(・∀・) 着物姿の素敵なご婦人が目につきます。

狂言は佐渡狐。これが面白い。(≧∇≦) 茂山千作、千乃丞、忠三郎の三人が芸達者なところを見せてくれました。三人の平均年齢は85歳です。千作氏は90にならんとする御年です。すごく可愛らしいのです。さすがにお立ちになる時に後見がついたのですが、その声の朗々としていること!!!80歳の忠三郎氏が若く見えること。 三人のやり取りがトボケてておかしくて大笑いでした。狂言が好きなやんちゃ坊主をみているようでした。2年前に「美しき老い」というタイトルで野村万作氏千作氏を見た時に何でこのタイトル?と思いました。芸を見て、老いを感じませんでしたからね。昨日の仙人先生といいこんな元気な80歳代、すばらしいですね。

さて、草薙。前場で熱田神宮に参詣した僧の前に現れた花売りの夫婦、実は寺院に奉納されている草薙の神剣を守る神だと言って姿を消します。後場で、この二人が日本武尊と橘姫だったことがわかり、焼津の原で火攻めに遭った日本武尊が、この剣で草を薙ぎ払う様子が踊られました。前半地味な姿をした夫が後半きらびやかな衣装と面を身につけて、剣の霊験を語る場面が素敵でした。

昼ごろは蒸し暑かったのですが、終演後外に出ると風が爽やかで、たった2~3時間なのに異空間に降りたったような気持ちよさを味わいました。たまにはオススメ!

« 仙人の庵を訪ねて・・・ | トップページ | 一か月振りのクラス! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八十代のやんちゃ坊主!:

« 仙人の庵を訪ねて・・・ | トップページ | 一か月振りのクラス! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓