如月歌舞伎



先週までの寒さが嘘のような暖かい日差しと青い空。気分も明るくなります。昼の部の歌舞伎を楽しんできました。

二月の歌舞伎は先代辰之助を偲ぶ狂言と大物役者達の顔合わせが話題の如月歌舞伎。もう三十三回忌なんですね。新之助、菊之助、辰之助の初代三之助の中で団十郎さんも亡くなられてしまいました。菊五郎さん、もう少し頑張って下さいね。

最初の演目は三大狂言のひとつ、義経千本桜の中のすし屋 一幕。松緑が主人公いがみの権太。以前菊五郎で一幕。先代幸四郎で通し狂言を観たので伏線が分かっているけれど、この一幕だけ観ただけではシュール過ぎて理解出来ないと思う。すし屋の主人弥左衛門が道端で死体を見つけて首を切って持って帰るなんて! しかもそれをすし桶に入れて隠して置くなんて!でもこの荒唐無稽な展開が歌舞伎なんだと自然に思えるようになればしめしめ。インド神話の摩訶不思議さと似たところがあると思います。



初めて観る暗闇の丑松。長谷川伸による新作歌舞伎の傑作だそうです。料理人の丑松(菊五郎)にはお米(時蔵)という恋女房がいますが、うだつの上がらない丑松をよく思わないお米の養母お熊は、お米を妾奉公に出そうと浪人と結託して丑松を殺そうとします。が、反対に二人とも丑松に殺されてしまいます。嘆いた丑松とお米は逃げられるだけ逃げて駄目なら死のうと話し合い、とりあえず丑松の兄貴分の四郎兵衛(左團次)を頼りに逃げ出します。
一年後、江戸を離れていた丑松はお米恋しさに戻ってきます。その途中、大雨にあい立ち寄った妓楼でなんと女郎になったお米に再会します。罵る丑松にお米は、兄貴分として慕っていた四郎兵衛に犯され女郎に売られたことを打ち明け、首を括って死んでしまいます。
全てを知った丑松は本所の四郎兵衛の家を訪ねて、お米を蔑ろにした四郎兵衛の女房を殺してしまう。その足で風呂に出かけた四郎兵衛を追いかけて、風呂場で殺して逃走します。花道を駆け抜けるシーンで幕。果たして丑松の運命はいかに?
風呂屋の釜焚き場のシーンが傑作。橘太郎演じる湯屋番頭の甚太郎のコミカルで切れのいい動きに大喝采!陰惨な殺人が行われている風呂場の裏でのワンマンショー。
悲惨な話だけど、このシーンがあるので救われます。
初世辰之助の丑松は評判だったそうです。



最後の演目は芝翫と孝太郎による陽気な団子売。仲良し夫婦、杵造、お臼が餅屋台を担いで賑わう街にやって来ます。餅をつき、おかめ、ひょっとこの面をつけて軽快に踊り華やかに締めてくれました。

E N 縁 円



原宿にあるギャラリー 渋谷のI M で開催された書道展。友人の本田虹風さんとドイツ在住の関川桂泉さんの作品。昨年ドイツ、ブレーメンで開催された書道展の凱旋展です。

虹風さんの今回の作品は円のスパイラルをテーマにしたもの。
濃い墨が沈んで行くという性質を生かして水、薄墨、濃い墨と円を描いていきます。この立体感は写真では伝わらないのが残念。
このシリーズの作品がポーランドの美術館で収納作品として買い上げされたそうです。

虹風さんは書道家、武道家、ドイツ仕込みのフットケア、カラーコンサルタントと多才で楽しい方です。



昨年9月にブレーメンで開催された展覧会の様子。作品のインスタレーションやワークショップも行なったそうです。数学者が語る円の話に盛り上がったという裏話も聞きました。

可愛い一軒家のギャラリー。

仙台トンボ帰り



インド政府観光局主催のセミナーのお手伝いで久しぶりの仙台。

今日は寒くないけれど、雪の跡が。

ここが今夜の会場。充分な広さがあるのを確認。

美しい仙台の夕暮れ。

乾杯の前の二曲だけの短いパフォーマンスだったけれど、参加された方々と交流することができて楽しいひと時でした。いつも郡山か宇都宮下車が多いので、今夜は仙台、大宮ノンストップのはやぶさで帰るのが楽しみ!

暖かいお茶漬けでホッと一息。さあ、帰ります。仙台出張も日帰りの時代。

須賀神社と参道の喫茶店



小山駅近くにある須賀神社。長い参道の奥に本殿があります。


参道に趣きのある喫茶店。

茶るん。可愛い名前。

居心地の良い店内。

ここは日本茶専門の喫茶店。

元外資系の製薬会社の営業マンだったオーナー。鹿児島県の日本茶と出会って人生が変わったそうです。

私が今日オーダーしたのは和紅茶。桜の香りがする美味しいお茶でした。

一息入れ、気分一新、さあ参拝しましょう!

いい気の流れている静かな境内。








栃木市 新年会



栃木市の敬老会主催の新年会にお招きいただきました。午前中のイベントなので会館が開く時間にはもう沢山のシニアの皆様が集まって元気な声で談笑していました。今日のメンバーは私と地元の順子さん、午前の仕事を休んで来た関内さん。10時30分から30分の予定だったけれど、何やら騒がしい!
どうやら今日の祝辞を述べる方が遅れているらしい!すぐに踊って欲しいと言われたけれど。さあ、さあ、さあ、さあ どうする。そこは支度の早い我々。にっこり笑ってお待たせしました!

新年のご挨拶。元気な皆様とお会いできていい年になる予感がします!

プシュパンジャリでこの場を清めて祝福します。

女神を讃えるサラスィジャナーヴァ。

プログラムの間に簡単なワークショップ。インドのお寺の参拝の仕方。そして神様を恋人の様に慕う乙女のアビナヤをやりました。暗い夜空に輝く月のような顔をした方。私の心を虜にした方。貴方のことを想うと寝ることも出来ず、食べることも出来ない。あー、こんなに痩せちゃって.....。ここで大爆笑。乗りの良い観客の皆様。

シャニムガカウットワム。

クンタラワリ ティラナを左右で踊りました。
プログラムも無事終了。なんとここでアンコールの声。スマホに入っているガーナマレィをマイクで拾ってアンコールに応えました。
その後は質疑応答まであって楽しい時間を過ごしました! どうやら祝辞を述べるはずだった方はいらっしゃらなかったのね。



恒例の集合写真。



今日のお弁当🍱

帰り支度をしていたら会長さんからビンゴに参加してくださいとのお誘い。

メンバー全員が当たりました! 食器洗剤というところが渋いね〜‼︎ 皆様の反応が良くて、面白い質問も沢山あって楽しい時間でした。ありがとうございます😊

初春大歌舞伎



海老蔵が来年団十郎を襲名するというめでたいニュースが流れた翌日。益々ファンが増えそうな嬉しい予感の歌舞伎座。内部は準備で大忙しなんでしょうねぇ。



本日最初の演目は絵本太功記。尼崎閑居の場。主君小田春永を打ち果たした武智光秀(吉右衛門)。しかし母の皐月は息子の謀反に怒り、尼崎の庵室にこもってしまいます。そこへ光秀の妻操(雀右衛門)が息子十次郎(幸四郎)とその許嫁初菊(米吉)を伴ってやって来ます。討死を覚悟し出陣の許しを請う十次郎。悲しむ初菊。皐月と操は別れを惜しみながら若い二人の祝言を挙げて送り出します。以前観た同作品では鴈治郎が十次郎。孝太朗が初菊を演じていて、また今日とは違うまったりした初々しさがあって祝言のシーンが印象に残っていました。演出、役者が変わると同じ芝居でも違って見える。
一方昨夜からこの庵に身を寄せている一人の僧侶。実はこの僧侶こそ春永の腹心真柴久吉。真柴を追ってきた光秀は庭の竹を切って槍を作り、部屋の中にいる久吉めがけて刺しますが、なんと部屋にいたのは母皐月。
そこへ瀕死の十次郎の敗軍の知らせ。進退窮まった光秀の前に現れた久吉。戦場での再会を約して別れる二人。吉右衛門の重厚な演技はさすが! 母と息子を失い、自分もまた死ぬであろう。やりきれない悲劇の話である。

打って変わって華やかな舞台。日枝神社の山王祭で賑わう街の様子。町内の御神酒所に集まる鳶頭や芸者集。梅玉と芝翫が曽我兄弟の仇討ち物語。若い鳶が二人で踊った獅子舞が剽軽で軽快でめでたさを倍増。

大火事の後、本郷駒込の吉祥院に避難してきた八百屋の娘お七達。お七(七之助)は小姓吉三郎に心を寄せているが、吉三郎は紛失した家宝の刀を取り戻すために江戸へ出て来たとあるお家の若君。刀を取り戻せなかったら切腹。もしくは出家しなければならない。叶わない恋に気が塞いでいるお七を慰める剽軽な紅屋長兵偉(猿之助)。猿之助の軽妙な芝居で楽しい一幕。お七の友達四人が華やかに登場しましたがなんとお一人はオン年82歳とのこと! 可愛いらしかった❤️
場面は変わって暫く後の冬の夜。すでに町の木戸は閉じられています。お七は吉三郎が探していた家宝を手に入れました。今夜中に渡さなければ、切腹しなければならない吉三郎。しかし木戸番は門を開けてくれません。そこでお七は火の見櫓に登って御法度の鐘を鳴らすことに。私が何となく知っていた八百屋お七とは違って、恋人の為に命をかける健気な娘。
ここからお七が二人の黒子に操られ浄瑠璃で人形振りを。舞う雪の中、美しい人形になった七之助。あまりの美しさに、このシーンだけに集中して大満足。前に観た演目の印象が全部吹き飛んでお七の残像しか残らなかった夜でした。年初めにこんな美しい舞台を観ることができてラッキー。いや年初めだからこそ、美しい舞台を企画したのでしょう。

MA 第13回ダンスフェスティバル



今回のインド。滞在が短いのでミュージック アカデミーでのダンスコンサートを観ることと、生徒さん達の衣装注文。そして大好きなお買い物の三点にしぼりました。
ゲストハウスはミュージック アカデミーの近くなので通うのも楽。アカデミーでは朝10時からバラタナティアムの若手ホープのコンサートが二つ。夕方6時から最初はバラタナティアムのトップアーティスト達のソロコンサート。後半は他のジャンルのダンスという夢のようなプログラム。


今回の相棒はセブからやって来た真弓ちゃんと名古屋からやって来たいくこさん。さあ!観るぞー!
ホールの中は冷房が寒いのでダウンやショール、のど飴、靴下と用意も周到。


これがアカデミーのホール。















インドへ〜



今日から一週間のチェンナイ。眠くて寒いが足取り軽い。

イミグレーションには顔認証システムが導入されていて、アッと言う間に終了。たまにしか旅に出ないのでなんでも珍しい。

今回は久しぶりのマレーシア航空を利用。ウェブチェックインしておいたのでチェックインは簡単だったけれど95%以上の乗車率。クアラルンプール国際空港も旅人が沢山。前からよく利用していたオールドカフェも混んでます。


さて、ようやくチェンナイ行きが開きました。

十二月大歌舞伎



十二月大歌舞伎の話題は夜の部の阿古屋でしょう。玉三郎と若手の役者二人がトリプルキャスト。あの女形の大役を仰せつかった児太郎と梅枝、手本となる玉三郎。どの舞台も観てみたいが、手に入ったのは昼の部のチケット。観劇した後にゆっくりお茶を飲む時間があるからこれもまた楽しみ

昼の部最初の演目は幸助餅。松也演じる幸助は餅米問屋の若旦那。贔屓の力士雷 いかづち (中車) に入れあげて店を潰して侘しい長屋住まい。妹のお袖が花街に身を売った30両で店を再興させようとします。花街の女将はお袖をしばらく店には出さないから早く再興させて迎えに来い、そして決して相撲を見ないようにと諭して金を渡します。
ところが金を受け取って帰る途中に江戸で活躍して大関になった雷にバッタリ。幸助に礼を言うために江戸から大阪まで長い道のりをやって来たという雷に感激した幸助は大事な金を祝儀として渡してしまいます。
そこへ女房のおきみと叔父が迎えに来て、大金を祝儀にしてしまった話を聞きます。二人は幸助に雷から金を返してもらうように説得します。その様子を見ていた雷。三人が雷に金を返してくださいと頼むと快く返してくれるどころか、人気商売は頭を下げてもらった祝儀はどんなことがあっても返せない。と冷たく突っ放します。
幸助は雷の仕打ちに発奮。その後花街の女将から金を借りて一念発起して商売に精を出し評判の餅屋になります。お袖も無事買い戻し、店も立派になり大店からの注文ももらえた日。店に現れたのは雷。餅を食べてさすが評判の餅だという雷。金はいらないからと追い返す幸助。あの辛い仕打ちにあった日、雷に立ち向かい弾みで雷の羽織の紐を引き抜いた幸助はその紐を自分への戒めとして額に入れて飾っていました。雷が去った後に餅代が置いてあるのに気がついた幸助は羽織の紐と金を持って雷を追いかけます。
たどり着いた花街で幸助を待っていたのは女将。雷への悪態をつく幸助に女将から衝撃の真実が明かされます。
あの日幸助に辛辣な言葉を吐いた雷は女将に金を渡しそれを幸助に貸すよう頼んだそうです。幸助の性格を知った雷はあの時自分を芯から憎ませて幸助に発奮させたのです。そして幸助餅を色々な場で贔屓にしてくれるように宣伝していたのです。
誤解が解けた幸助は雷にどちらが早く横綱になれるか、大店を持てるか競争しようと抱き合います。
松也と中車の掛け合いが人情味溢れていて年末にぴったり。


次の演目は女形が魅せろ早替りを楽しむ お染の七役。壱太郎が難役に挑みます。心中物で有名なお染久松。主な登場人物は質屋油屋の娘お染。武家の息子だが紛失した家の財宝(午王吉光の刀と折紙)を探すために油屋の丁稚になった久松。久松は田舎にお光という許婚がいるがお染と恋仲。お光は一途に久松を愛している。お染の兄の遊び人多三郎は芸者小糸といい仲。お染と多三郎の義母、後家の貞昌は晋代が傾いて来た店を再興する為にもお染と山家屋清兵衛との縁談を進めています。
久松の姉、奥女中竹川は油屋にある刀を買い戻す為に昔の召使い土手のお六に百両の金の工面を頼みます。お六は亭主の悪党、鬼門の喜兵衛と企んで油屋へ強請りに行って失敗。
今出てきた登場人物の中のお染、久松、お光、貞昌、竹川、小糸、お六の七役を早変わりするという。いったい誰がこんな観客を喜ばす事を考えたのでしょうね。
冒頭、神社に詣でるお染が上手に消えると次は下手からあっという間にお光が登場。引っ込んだと思ったら花道から久松。その早変わりの早さに観客は大喜び。お染と久松。お染と貞昌などお約束の二役の時は必ず身代わりが後ろ向きで演じているが、ふとした瞬間にまた入れ替わっているので全く目が離せません。(^^)
歌舞伎は演目の場面がそれぞれ独立して演じられるので通しで観ていると、以前観た場面があり、しかも役者が違うのでまた趣きも違い、何度観ても面白い。これが歌舞伎にハマる一つの理由かしら?
壱太郎は玉三郎から随分と手ほどきを受けたそうで、ふとした仕草が綺麗。

お染と久松が心中した後の後日談。心中翌の噂 しんじゅうあしたのうわさ。浄瑠璃の舞踊劇。心中するが助けられた二人が猿回しの男女から、再び心中しないように諭される舞踊劇。実際にはこの後二人は死ぬことになるのがこの話。今日の演出は二人が死んだ後に、哀れ気の触れたお光が彷徨うシーン。この場の壱太郎がとても儚げで可愛い💕
歌舞伎座を出るとまだ明るい。友達と美味しい珈琲を飲みに和光裏へ行って芝居の余韻を楽しみます。

おさらい会



恒例のおさらい会。各人ソロとグループダンスの二曲にエントリーしてもらいました。クラスが違うので今日初めて打ち合わせをするグループも。
第一曲目はこの場で初めての顔合わせをする三人。井上さん、片桐さん、関内さんのプシュパンジャリ。

イーシャシャンディカウットワム。バラナシに降臨して死者の魂を守るシヴァ神。

高崎代表、小枝さん、佐藤さんのジャティシュワラム。

顕子さんのアーナンダ ナッタナ ガナパティ。

弘子さんのサラスィジャナーヴァ ソーダリ。

片桐さんのマンダラダラネィ。

順子さんのミナクシ ターィエ。

井上さんのヴィシュヌ カウットワム。

洋子さんのナテーシャ カウットワム。

小林さんのヴァルナムはチャトラダース。

関内さんのイダドゥ パダム トゥーキ。

浩子さんのエタカンダ。


休憩時間にチャイのサービス。そしてお客様にサリーの着付け実演。モデルになってくださった三鍋さん。
サリーの長さにお客様達から歓声が上がりました。



ピンクのサリーが良くお似合い。

スペシャルゲストとして大野さんにニーマタレィを踊ってもらいました。ステージをくまなく使いコケティッシュなヒロインを演じてくれました。

今日初めて一緒に踊る三人組によるシャニムガカウットワム。見事に雰囲気の違う三人がマイペースで踊り抜きました。


高崎代表の二人はバィラヴィ ヴァルナム。初めてのヴァルナム前半までたどり着きました。

リフレの三人組はチンナチンナパダム。

まさに動く紙芝居。

関内さんと私はクンタラワリ ティラナ。後半を私が左バージョンにして踊りました。当日通達でも狼狽え無いところが頼もしい。

マンガラム。

恒例の集合写真。チャイだけのおもてなしで長い時間見てくださった貴重なお客様達。ありがとうございます😊 参加したメンバー達もそれぞれ感じることが多いにあったよう。すでに次回を楽しみにしているメンバーも!






懐かしいお客様にも会えていい日になりました。
















«今月の歌舞伎

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓